車のブレーキシステムはこれまで人間の判断に任されてきました。人間が止まりたいときに止まるシステムであり、人間がミスをすれば大事故に繋がってしまっています。しかし、自動車メーカーでは人間がミスをする前提でさまざまなブレーキを開発してきています。もっとも多くのメーカーが作成しているのが前方をレーダーや超音波、画像、などで判断して衝突を回避するシステムです。この方式は多くの車種で採用されていますが、物体の監視の仕方によってメーカーの考え方が違うようです。衝突については速度の考え方で違います。あるメーカーのシステムは20km以下の速度を想定しており、渋滞などでの利用が想定されているようです。他のメーカーは一般の走行である時速60km程度でも衝突を防ぐことができますが、速度がある程度出ている場合は、他の車との車間距離を維持しながら走行できる機能と合わせて提供していることが多いようです。衝突については、停車時などにアクセルとブレーキの踏み間違えも問題となっています。そこで前方や後方の衝突センサーを使って、ぶつかる可能性がある場合にはアクセルをキャンセルする仕組みも搭載されており、一定の効果があると言われています弦