初代

スバルは1980年代に、吸収合併や倒産の危機などが報じられていました。これは、アメリカに向けた輸出にこだわりすぎた事が原因です。何とかしてこの危機を脱出しようと、新たな自動車を開発するとともに、組織の大幅改革を実行しました。これを受けて生み出されたのがロールーフワゴンの自動車であり、これが1989年のレガシィ誕生へとつながっていくのです。

スバル1000のころから存在していた水平対向エンジンシステムを新開発し、搭載しています。さらにレオーネから続いている4WDを採用、セダンとツーリングワゴンモデルをラインアップに兼ね備えていました。他にもターボは220馬力を生み出しており、これは当時のパワーとしては最強クラスでした。こうして世に送り出されたレガシィは、その販売もさることながら、WRCへの参戦によるニュージーランドラリーでの優勝や10万キロの耐久走行における国際記録の樹立が目立つものとなりました。

2代目

レガシィは、1993年に2代目モデルへと進化しました。初代から大きく変わったのは、まずそのデザインでしょう。どことなくおもかげを残しつつも、若干丸みを帯びたスタイリングになっています。

また、他のメーカーの同クラスの車種が、次々と大きくなり3ナンバーへと変わったり大排気量のエンジンを積だりすることが目立っていました。しかし、コンセプトである「継承と熟成」をテーマにしていたので、5サイズのボディに2リッター以下を貫きました。バブル期の改革と言うことで、あえてそのような開発のラッシュに乗らないことにしたのです。

結果的には、大きさの規格を維持したままワンランク上の室内空間の広さや走りの質を実現することとなりました。これが大ヒットに繋がったのです。エンジンは先代と変わらず水平対向のまま、パワーアップをしています。また、5ナンバーであることは変わらないまでも、ほんの少し大柄にはなったので、部品の材質を見なおしたり構造を見直し軽量化も図っています。

3代目

3代目のレガシィは1998年に登場しました。ここから、先代までにはあったFF(前輪駆動)モデルが消滅し、4WDのみのラインナップとなっています。デザインは若干骨太なものとなりましたが、それでも5ナンバーのサイズにおさまるように設計されています。フロントの上下に取り付けられた2灯ヘッドランプを採用し、内装もより品質が上がっています。

また、セダンに「B4」と呼ばれるグレードが新たに設置されました。これは、これから先にも受け継がれており、最終的にはスポーツセダン市場における代表格と認められるほどに成長していくのです。それから安全性の面でも高い評価を受けており、クラウンなどの3リッター高級車をしのぐ評価を受けたのも大きなポイントでしょう。エンジンは水平対向の2000ccと2500ccモデルがあり、先代まであった1800ccは消滅しました。それから3000ccを搭載したものも登場しており、これはスバルの中ではめずらしい大排気量となっています。

4代目

2003年、レガシィは4代目への進化を果たしました。最も注目すべき点は、今まで5ナンバーサイズにおさめてきたボディをすべて3にしたことでしょう。これは、ヨーロッパ市場に対向することと、衝突安全性のさらなるレベルアップが目的です。安全装備も充実しましたし、ターボと、6気筒モデルに5速オートマチックトランスミッションがあたえられることになるなど、いろいろな変更が目立ちます。

ですが、今までより大型になったにも関わらず、部品にアルミニュウムを使ったり、設計に気をつけたりすることで先代より100キロ近く軽量化されています。エンジンに電子制御式スロットルを組み込んで、よりスムーズな加速と低燃費、そしてハイパワーという両立が難しそうなものを兼ね備えることに成功しました。また、世界初となる水平対向ディーゼルも欧州に向けて発売されています。