フットブレーキの種類は、自動車の運転中に使用するブレーキの通称で、足を使ってそうさするため、このように呼ばれています。足で操作するブレーキには、この他にパーキングブレーキもありますが、混用を避けるために「足踏み式ブレーキ」または、「足踏み式パーキングブレーキ」と呼ばれています。
このブレーキの種類には、踏力の伝達と制動力を発生させるためには、ロッドまたはワイヤーなどの機械式、油圧式、空気圧式などがあります。
機械式の構造は、車輪と一緒に回転する円筒形ドラムの内側に、ブレーキシューを押し付けて制動力を発生させるものです。これは、自動車やオートバイなどの二輪車の後輪ドラムブレーキなどにこのブレーキが採用されることが多く、液体を使用しないのでヴェイパーロック現象が起こりません。
油圧式は、小型自動車・後輪ディスクブレーキのオートバイ、中型車などに採用されていることが多いです。ブレーキを踏むことで得られた力は、負圧式売力化装置(マスターバック)で増幅され、マスターシリンダー内にあるピストンをおして油圧を発生させ、それをブレーキシリンダーへと伝えるものです。
空気圧式は、大型トレーラーやトラクタに使用されています。空気圧式の場合、ブレーキシューは通常素振りングでブレーキドラムに押さえつけられており、圧縮空気によって作動するアクチュエータにより、ブレーキが緩む仕組みとなっています。そのため、配管の破断やトレーラーの分離などの事故が起きた場合には、自動でブレーキが作動します。譜面02